講座詳細

単独講座火の文明からの緑の文明~世界は100年単位で動いている~

船瀬俊介ウィズダムスクール

100年単位で世の中も自分も見ることで、理想の医食住がわかる!
医食住を取り入れ方次第で、理想の健康体になれる!

200万部の大ベストセラー「買ってはいけない」の著者・船瀬俊介先生(地球環境問題評論家・地球文明批評家)が、新しい価値の文明がどういうものなのか、「私たちはどこから来て、どこに居て、どこに行くのか」をわかりやすく解説します。

行き当たりばったりは、もう通用しません!
過去の常識は、もう通用しません!



『現在は、正に「石が浮かんで木の葉が沈む」時代』とお話され、
過去40年で約250冊(食べもの、医療、環境、政治、歴史)を
執筆されている船瀬俊介先生が、文明の崩壊の始まり、文明の大転換期の
今だからこそ、未来を救う新たな文明がどのように起ころうとしているのか、
どのように理想の健康体が実現できるのかを徹底的にお話します。

環境と生命が最優先される新しい文明!
ナチュラルとシンプルが大切にされる医食住!

 

◆化石燃料に栄えた文明が行き詰った3つの理由

・火の文明とは
・カモフラージュの近代文明!? 正体は!?
・帝国主義の本当の意味は!?
・フリーメイソンの支配
・62人の所有する富 > 世界人口の半分36億人分の資産
・富の偏在により流動性がない世の中へ

◆新しい価値の文明の台頭、自然エネルギー

・緑の文明とは
・闘争から共生へ
・緑の文明のエネルギー源は!?
・地熱だけで賄える国、自然エネルギー大陸はどこ!?
・自然エネルギーに変えるとなくなる3つのもの

◆自然エネルギーにより世界に貢献できる日本

・世界トップの風力発電大国はどことどこ!?
・ウラン利権と石油利権と価格操作の関係性
・「それぞれのエネルギーをそれぞれで使う」と格差は起こらない

 

◆知識の時代が終わり、直感力の時代へ

・人間力、現場力、構想力
・どんな人間ともコミュニケーションができる人
・どんな人間のことでも理解できる人
・前例がなくても取り組める人
・日本病、官僚主義、自己保身の蔓延からの内部崩壊、幼稚化へ
・籠池さんの人間らしさとは!?

◆環境と生命を最優先にする

・命を殺し奪う文明と命が生まれ育む文明
・男性論理と女性論理と文明の関係性
・老子のタオイズム
・巨大の波「陽極まれば陰となり、陰極まれば陽となる」
・病院ストライキで死亡率が下がったイスラエル
・無知の悲劇

 

◆緑の文明における医食住

 

・自然(ナチュラル)と単純(シンプル)
・食の毒と心の毒から体毒がたまる
・2台柱の波動と断食
・自己浄化と自己融解
・2400年前の医聖ヒポクラテスの言葉「自然に近づけば病気から遠ざかる」

ダイジェスト動画

講座詳細

教材構成 動画教材:収録時間 約45分
必須前提知識 なし
担当講師

船瀬 俊介(ふなせ しゅんすけ) 先生

地球環境問題評論家・地球文明批評家

1950年、福岡県田川郡添田町に生まれる。
70年 九州大学理学部を中退。
71年、早稲田大学第一文学部入学。在学中は、 早大生協の消費者問題担当の組織部員として活躍。学生常務理事として、生協経営にも参加した。約2年半の生協活動の後、日米学生会議の日本代表として訪米。
ラルフ・ネーダー氏のグループや消費者同盟(CU)等を歴訪。
76年、同学部、社会学科卒業。1年間のフリーランスのジャーナリスト期間を経て、76年、日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。『消費者リポート』の編集担当、苦情処理、種々さまざまな運動に取組む。
86年、独立。現在、消費・環境問題を中心に評論、執筆、講演活動を行っている。
90年、3月と12月、ラルフ・ネーダー氏らの招待で渡米。多彩な市民・環境団体と交流を深める。

ウィズダム・スクール両国分校利用規約

税理士法人 恒輝 榎本会計事務所(以下「甲」という。)は、「ウィズダム・スクール両国分校」と題するウェブサイト(以下「本サイト」という。)において提供され、コンピュータ等の端末を通じて利用される映像コンテンツ(以下「本デジタルコンテンツ」という。)の利用について、以下のとおり規約を定める。本デジタルコンテンツの利用者(以下「利用者」という。)は、本デジタルコンテンツの利用に当たり、本利用規約に同意するものとする。

第1条 (利用許諾)
1.本デジタルコンテンツは、甲が利用者と認めた者のみが利用できるものとする。
2.甲は、利用者が本規約の条件に従う限りにおいて、利用者に対し、本デジタルコンテンツの利用を許諾する。
3.甲は、その独自の判断により、本サイトにおいて提供される本デジタルコンテンツの内容を決定又は変更できるものとする。

第2条 (知的財産権の帰属等)
1.甲及び利用者は、本デジタルコンテンツに関する全ての著作権(著作権法27条及び28条に規定する権利を含む)及び著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)その他一切の知的財産権が、株式会社イーシーセンター(以下「イーシーセンター」という。)に属することを確認する。
2.前項にかかわらず、利用者は、本デジタルコンテンツ及び本サイトの利用に関する問い合わせは全て甲に対して行うものとし、イーシーセンターに対しては一切迷惑をかけないものとする。

第3条 (ユーザーID等)
1.甲は、第1条第1項の規定に従い甲が本デジタルコンテンツの利用者と認めた者に対して、ユーザーID及びパスワードを通知し、利用者は、本デジタルコンテンツを利用する際に、これを入力することにより、本デジタルコンテンツを利用することができる。
2.甲は、前項の規定に従い利用者に対して通知するユーザーID及びパスワードを、適宜変更することができる。
3.利用者は、ユーザーID及びパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入れ等いかなる処分もしてはならない。
4.利用者は、ユーザーID及びパスワードを自己の責任において厳重に管理しなければならず、万一、ユーザーID及びパスワードが不正に利用された場合、これに基づき生じた利用料金及び甲又は第三者に生じた損害等は全て管理に不備のあった利用者が負担するものとする。
5.利用者は、ユーザーID及びパスワードが不正に利用されていることを知った場合には、直ちに甲にその旨を連絡しなければならない。

第4条 (利用料金)
本デジタルコンテンツの利用料金、及び支払方法等は、別途甲が定めるものとする。

第5条 (本デジタルコンテンツ提供の中断・停止)
甲は、次の各号に定める事由が生じた場合には、本デジタルコンテンツの提供を中断又は停止できるものとする。
(1)本デジタルコンテンツ提供のための装置、システム等の保守又は工事のため、やむを得ないとき
(2)本デジタルコンテンツ提供のための装置、システム等の障害などのため、やむを得ないとき
(3)本デジタルコンテンツを提供するために甲又は利用者が利用する電気通信事業者の電気通信サービスに支障が発生したとき
(4)利用者からのアクセスが輻輳するなど、システムの容量を超える利用がなされたとき
(5)ユーザーID及びパスワードの漏洩など、セキュリティに問題が生じたとき
(6)その他、運用上あるいは技術上、甲が本デジタルコンテンツの提供の一時中断又は停止が必要であると判断したとき

第6条 (利用者による設備等の設置等)
利用者は、本デジタルコンテンツを利用するために必要な通信機器、コンピュータその他の機器、ソフトウェア等につき、自らの費用及び責任で設置するものとする。

第7条 (禁止行為等)
1.利用者は、次の各号に定める行為を行ってはならないものとする。
(1)他の利用者、甲、若しくは第三者の権利を害する行為、又は害する恐れのある行為
(2)公序良俗に反する行為、又はその恐れのある行為
(3)甲及びイーシーセンターの承諾なく、本デジタルコンテンツ及びその他本サイトにおいて提供されるコンテンツを複製・送信・改変し、第三者に利用させ、又は第三者に譲渡・貸与する行為
(4)本デジタルコンテンツの利用以外の目的で、本サイト若しくは本デジタルコンテンツを通じて又は関連して、営利を目的とする行為又はその準備を目的とする行為
(5)コンピュータウィルス等有害なプログラムを、本サイト若しくは本デジタルコンテンツを通じて又は関連して、使用又は頒布する行為
(6)ユーザーID及びパスワードを第三者に開示し、又は漏洩する行為
(7)本サイトに関連するシステムに過大な負担をかける行為
(8)その他、本サイトの運営を妨げる行為
(9)法令又は条約に違反する行為
2.利用者が本デジタルコンテンツの利用に関連して甲又は第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と費用をもってこれを解決するものとする。
3.利用者が本規約に違反した行為、又は違法な行為によって甲に損害を与えた場合、甲は当該利用者に対して損害賠償の請求ができるものとする。

第8条 (利用者資格の停止等)
1.甲は、利用者に次の各号に定める事由の何れかが発生したときは、本デジタルコンテンツの利用者としての資格を停止し、又は剥奪することができる。
(1)本規約の各条項に一つでも違反したとき
(2)本デジタルコンテンツの利用を継続させがたい重大な背信行為を行った場合
(3)利用料金の支払いを怠ったとき
(4)その他、甲が利用者として不適切と判断したとき
2.本デジタルコンテンツの利用者としての資格が剥奪された場合、当該利用者は甲に対して負っている債務の全額を直ちに支払うものとする。
3.第1項の規定にかかわらず、イーシーセンターは、その独自の判断により、本デジタルコンテンツの利用者としての資格を停止し、又は剥奪することができる。

第9条 (甲の責任等)
1.甲及びイーシーセンターは、第5条(本デジタルコンテンツ提供の中断・停止)に定める事由が生じたことにより本デジタルコンテンツの提供を中断又は停止する場合を含め、本デジタルコンテンツの提供に関して、利用者及びその他の第三者に対して、いかなる責任も負わないものとする。
2.甲及びイーシーセンターは、利用者が本サイト及び本デジタルコンテンツの利用を通じて得た情報等の正確性、特定の目的への適合性等について、一切の責任を負わない。
3.甲及びイーシーセンターは、利用者が本サイト及び本デジタルコンテンツの利用を通じて得た情報等に起因して損害が生じた場合、一切の責任を負わない。
4.本サイト及び本デジタルコンテンツの利用を通じて提供される情報・サービスに関し、利用者と他の利用者又は第三者と紛争が生じた場合、利用者は、自己の責任と負担においてこれを解決するものとし、甲及びイーシーセンターには一切迷惑、損害を与えないものとする。

第10条 (秘密保持)
甲及び利用者は、本デジタルコンテンツの利用に関連して知り得た相手方及び相手方の取引先等に関連する全ての秘密情報を相手方の書面による承諾なく第三者に開示又は漏洩してはならない。

第11条 (権利義務譲渡禁止)
甲及び利用者は、本規約に基づく権利及び義務を相手方の事前の書面による承諾なく第三者に譲渡し、又は担保に供しないものとする。

第12条 (規約の変更)
甲は、その独自の判断により、利用者への事前通知及び利用者の事前承諾なく、本規約を修正・変更することができるものとし、利用者は変更に同意するものとする。

第13条 (協議)
本規約に定めのない事項、又は本規約について甲及び利用者が解釈を異にした事項については、双方誠意をもって友好的に協議の上解決する。

第14条 (管轄等)
1.本規約の準拠法は日本法とする。
2.本デジタルコンテンツの利用について紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とする。

以 上

本書類を確認し、コンテンツを閲覧した場合には利用規約に合意したものとみなす。尚、この利用規約に同意しない場合は甲へ連絡しなければならない。

規約に同意し受講する