火の文明からの緑の文明~世界は100年単位で動いている~


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

100年単位で世の中も自分も見ることで、理想の医食住がわかる!
医食住を取り入れ方次第で、理想の健康体になれる!

200万部の大ベストセラー「買ってはいけない」の著者・船瀬俊介先生(地球環境問題評論家・地球文明批評家)が、新しい価値の文明がどういうものなのか、「私たちはどこから来て、どこに居て、どこに行くのか」をわかりやすく解説します。

行き当たりばったりは、もう通用しません!
過去の常識は、もう通用しません!

『現在は、正に「石が浮かんで木の葉が沈む」時代』とお話され、過去40年で約250冊(食べもの、医療、環境、政治、歴史)を執筆されている船瀬俊介先生が、文明の崩壊の始まり、文明の大転換期の今だからこそ、未来を救う新たな文明がどのように起ころうとしているのか、どのように理想の健康体が実現できるのかを徹底的にお話します。

環境と生命が最優先される新しい文明!
ナチュラルとシンプルが大切にされる医食住!

    <化石燃料に栄えた文明が行き詰った3つの理由>
  • 火の文明とは
  • カモフラージュの近代文明!? 正体は!?
  • 帝国主義の本当の意味は!?
  • フリーメイソンの支配
  • 62人の所有する富 > 世界人口の半分36億人分の資産
  • 富の偏在により流動性がない世の中へ
    緑の文明とは
  • 闘争から共生へ
  • 緑の文明のエネルギー源は!?
  • 地熱だけで賄える国、自然エネルギー大陸はどこ!?
  • 自然エネルギーに変えるとなくなる3つのもの
    <自然エネルギーにより世界に貢献できる日本>
  • 世界トップの風力発電大国はどことどこ!?
  • ウラン利権と石油利権と価格操作の関係性
  • 「それぞれのエネルギーをそれぞれで使う」と格差は起こらない
    <知識の時代が終わり、直感力の時代へ>
  • 人間力、現場力、構想力
  • どんな人間ともコミュニケーションができる人
  • どんな人間のことでも理解できる人
  • 前例がなくても取り組める人
  • 日本病、官僚主義、自己保身の蔓延からの内部崩壊、幼稚化へ
  • 籠池さんの人間らしさとは!?
    <環境と生命を最優先にする>
  • 命を殺し奪う文明と命が生まれ育む文明
  • 男性論理と女性論理と文明の関係性
  • 老子のタオイズム
  • 巨大の波「陽極まれば陰となり、陰極まれば陽となる」
  • 病院ストライキで死亡率が下がったイスラエル
  • 無知の悲劇
    <緑の文明における医食住>
  • 自然(ナチュラル)と単純(シンプル)
  • 食の毒と心の毒から体毒がたまる
  • 2台柱の波動と断食
  • 自己浄化と自己融解
  • 2400年前の医聖ヒポクラテスの言葉「自然に近づけば病気から遠ざかる」

講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約45分
必須知識
特になし
担当講師

船瀬 俊介(ふなせ しゅんすけ) 先生

地球環境問題評論家・地球文明批評家

  • 1950年、福岡県田川郡添田町に生まれる。
  • 70年 九州大学理学部を中退。
  • 71年、早稲田大学第一文学部入学。在学中は、 早大生協の消費者問題担当の組織部員として活躍。学生常務理事として、生協経営にも参加した。約2年半の生協活動の後、日米学生会議の日本代表として訪米。ラルフ・ネーダー氏のグループや消費者同盟(CU)等を歴訪。
  • 76年、同学部、社会学科卒業。1年間のフリーランスのジャーナリスト期間を経て、76年、日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。『消費者リポート』の編集担当、苦情処理、種々さまざまな運動に取組む。
  • 86年、独立。現在、消費・環境問題を中心に評論、執筆、講演活動を行っている。
  • 90年、3月と12月、ラルフ・ネーダー氏らの招待で渡米。多彩な市民・環境団体と交流を深める。